サービス付き高齢者向け住宅や介護服が必要|最新!介護事情

介護はFCで始める

フランチャイズで可能な介護の仕事

介護

最近では介護業界に参入してくる企業が多くなり、フランチャイズで介護の仕事を広げている企業がたくさんあります。興味がある人のために介護にはどの様な仕事があるのかについて説明します。まずは在宅介護です。在宅介護のフランチャイズには訪問介護や訪問看護、訪問リハビリテーションがあります。これらのフランチャイズを行うためには介護士や看護師、理学療法士や作業療法士などの有資格者をスタッフとして集めることが必要になります。このフランチャイズでは起点となる訪問事業の建物をつくり、そこから職員を利用者の自宅に派遣してサービスを行います。在宅サービス以外には通所サービスがあります。デイサービスが主なものであり、自宅で生活する利用者が施設で朝から夕方まで過ごすサービスになります。

仕事を始める際の注意点

フランチャイズで介護の仕事を行う場合には、介護に関する専門的な知識を持った人が必ず必要になります。その理由は介助には技術が必要であり、知識や技術がない人が行えば利用者の転倒などを引き起こし、すぐにトラブルになってしまうからです。そのため、専門的な知識を持った資格保持者がいることが必ず必要になります。また、介護の仕事は基本的に保険を利用して行うため、診療報酬に関して詳しく勉強しておくことが必要です。行ったサービスにたいする報酬は診療報酬によって決まっているため、大きく儲けることは難しい職業です。スタッフへの給料や施設の維持費、利用者の見込み人数などから採算をとることが出来るのか十分に検討してからはじめることが重要です。